主婦のパートの志望動機

主婦のパートの志望動機

子育てが一段落した主婦の中には、パートを始めようかと考える人もいるかもしれません。何か良さそうな感じのパートを見付け、応募しようかと考えている人もいるかもしれません。パートに応募するとなると、履歴書を書かなければなりません。履歴書なんて久しぶりですよね。どうやって書いたら良いのか忘れてしまった人も多いかもしれません。学歴や職歴などは、今までの経歴をそのまま書けば何とかなりますが、志望動機はどうしたら良いのでしょうか?ここでは、主婦のパートの志望動機について考えてみたいと思います。

 

主婦のパートに応募して採用されるかどうかは、やはり志望動機がポイントになります。志望動機があいまいだと、企業側にやる気が伝わりにくいです。主婦の暇つぶしで応募したのだと思われては、採用される可能性は少ないですよね。

 

企業側としても、採用するからにはシッカリと働いて欲しいですし、長期的に働いて欲しいと思うでしょう。なので、やる気が伝わるような志望動機が必要です。時給が高いからとか家から近いからという理由も確かにあるでしょう。しかし、そこはあえて隠しておく方が無難です。

 

では、主婦のパートの志望動機としては、どのようなものが良いのでしょうか?結婚する前にしていた仕事のスキルが活かせそうな仕事であるとか、興味があって頑張れそうな仕事であるとかについて述べるのが良いでしょう。また、主婦の仕事を頑張っていたことや地域での活動をしていたことも十分なアピールポイントになります。頑張りましょう。

主婦のパートの志望動機関連ページ

パートで働くのはどう?
子育てが一段落した頃から、パートで働くことを考える人も少なくないようです。「パートで働くのはどう?」と言われて、働く人も多いようです。
内職とパートの違いとは
内職とパートの違いは、仕事をする場所と収入を得る方法です。内職は自宅で仕事をしますが、パートは事業所に勤務して仕事をします。