社会人だって副業が必要

社会人だって副業が必要

社会人になってサラリーマン生活を始めた人も多いでしょう。数年前までは、社会人になってサラリーマン生活をしていれば、それなりの生活をすることが出来たかもしれません。しかし、現在では、残念ながら、普通のサラリーマンが、その給料だけで生活していくのは厳しい世の中になってしまいました。

 

社会人になりたての人であれば、新たに独り暮らしを始めた人もいるかもしれません。一人暮らしは、実家暮らしと比べて何かとお金がかかります。家賃や食費などはもちろんですが、様々な生活費が必要になります。結婚するとなると、状況は更に厳しくなるかもしれません。夫婦共働きをしても、人並みの生活をするのがやっとというケースが少なくないようです。

 

また、現在の日本は、雇用が安定していません。大企業に就職できたとしても、突然リストラされてしまうケースが少なくないようです。そんな時、副業を行なっていれば、収入が複数あることになりますので、しばらくの間しのぐことができます。会社を辞めて独立することを考えている人も、最初の収入が少ないうちは、こうした副業がある方が生活が楽でしょう。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?収入がなければ、収入を増やすことを考えましょう。例えば、副業を行なうのはどうでしょうか?社会人だって副業する時代になったのです。会社での仕事にプラスしてアルバイトを始める人もいますし、内職などの在宅ワークを始める人もいます。また、最近人気が高いのがネットで副業です。

社会人だって副業が必要関連ページ

OLの副業事情
OLの収入だけでは生活できないと、副業を始めるOLが増えているようです。OLに人気の副業としては、インターネットを使ったものがあります。
郵便局の人は副業禁止?
郵便局では副業が禁止されています。かつては国営だったので、郵便局員は公務員だから仕方がなかったのですが、民営化されてから許可を求める声が高まっています。
在宅でCADの仕事をして副収入を
在宅で副収入を考えている人の中には、CADの仕事を考えている人もいるかもしれません。CADの仕事は完全な在宅仕事は難しいけれど、副収入にはおススメです。
副収入は、いつ確定申告するのか?
確定申告は、いつするのか知っていますか?副収入がある人は、2月から3月にかけて確定申告をする必要があるので、税務署に行きましょう。
副収入を得る
現在の収入で満足できていない人は、副収入を得ることを考えてみてはどうでしょうか?万が一の時のことを考えても、複数のの収入源は大切です。
副業サラリーマンの業務委託料と確定申告の関係は?
副業を行なっているサラリーマンの副業には、業務委託がおススメです。その業務委託料が年間20万以上になると確定申告が必要になりますので注意が必要になります。