副業サラリーマンの業務委託料と確定申告の関係は?

副業サラリーマンの業務委託料と確定申告の関係は?

現在の不況の世の中では、正社員でサラリーマンをしていても、十分な収入がない人も少なくありません。そのため、正社員でサラリーマンをしていても、副業を行なっている人が増えているようです。かつては、副業禁止という企業がほとんどだったのですが、最近では副業を許可している企業も増えているようです。サラリーマンが副業するなら、業務委託という形で仕事をするのがおススメです。業務委託なら、副業禁止の会社に勤めている人でも、会社にばれにくいのでおススメなのです。

 

そんな副業サラリーマンが苦労するのが、確定申告です。サラリーマンとしての収入は会社側が行なってくれるのですが、副業収入に関しては自分自身で行なわなければなりません。ここでは、副業サラリーマンにおける業務委託料と確定申告について説明しましょう。

 

業務委託という形を取ると、業務委託料は雑所得となります。雑所得の場合、実費が経費として認められます。そして、副業の収入が20万円未満であれば、所得税の確定申告は必要ありません。20万円以上の副業収入があれば、所得税の確定申告を行ないましょう。

 

副業を許可している会社に勤めている人であれば問題ないのですが、副業を禁止している会社に勤めている人は、副業がばれないようにしなければなりません。そのため、副業を確定申告しない場合は注意が必要です。市役所に住民税の申告をして、副業の住民税は普通徴収にしするようにと申し出るようにしましょう。

副業サラリーマンの業務委託料と確定申告の関係は?関連ページ

OLの副業事情
OLの収入だけでは生活できないと、副業を始めるOLが増えているようです。OLに人気の副業としては、インターネットを使ったものがあります。
郵便局の人は副業禁止?
郵便局では副業が禁止されています。かつては国営だったので、郵便局員は公務員だから仕方がなかったのですが、民営化されてから許可を求める声が高まっています。
在宅でCADの仕事をして副収入を
在宅で副収入を考えている人の中には、CADの仕事を考えている人もいるかもしれません。CADの仕事は完全な在宅仕事は難しいけれど、副収入にはおススメです。
副収入は、いつ確定申告するのか?
確定申告は、いつするのか知っていますか?副収入がある人は、2月から3月にかけて確定申告をする必要があるので、税務署に行きましょう。
副収入を得る
現在の収入で満足できていない人は、副収入を得ることを考えてみてはどうでしょうか?万が一の時のことを考えても、複数のの収入源は大切です。
社会人だって副業が必要
社会人になってサラリーマン生活を始めたとしても、将来のことを考えると副業を持って複数の収入源を持っている方がおススメです。