副収入は、いつ確定申告するのか?

副収入は、いつ確定申告するのか?

副収入である程度稼げるようになると、確定申告をしなければなりません。しかし、確定申告は、いつおこなえばよいのか知っていますか?そもそも、確定申告について知っていますか?ここでは、副収入がある場合の確定申告について説明したいと思います。

 

まずは、副収入での報酬について考えてみましょう。報酬は、源泉徴収として10%が引かれて支払われます。このことを源泉徴収制度と言います。クライアントが報酬を支払う際には、支払い金額から所得税額を差し引いて国に納付する制度のことです。

 

2月頃になると、「確定申告をしましょう」的なコマーシャルが流れたり、雑誌などに特集が組まれたりします。街の掲示板などにも、確定申告のポスターが貼られたりします。つまり、確定申告はいつするのかは、2月から3月だという訳です。

 

では、副収入がある場合の確定申告は、どのように行ったらよいのでしょうか?まずは、帳簿や領収書や支払い調書などの経理が分かるものを持って、税務署に行きましょう。支払い長所は、1月末までに郵送されます。税務署では、係りの人が詳しく説明してくれますので、それほど苦労せずに書類を作ることができます。

 

確定申告には、青色申告と白色申告とがあります。ある程度簿記の知識があるのであれば、控除が大きくてメリットが大きい青色申告がおススメです。会計ソフトなどを利用するのも良いかもしれません。しかし、副業を始めたばかりで簿記なんかちんぷんかんぷんの人は、白色申告にしましょう。

副収入は、いつ確定申告するのか?関連ページ

OLの副業事情
OLの収入だけでは生活できないと、副業を始めるOLが増えているようです。OLに人気の副業としては、インターネットを使ったものがあります。
郵便局の人は副業禁止?
郵便局では副業が禁止されています。かつては国営だったので、郵便局員は公務員だから仕方がなかったのですが、民営化されてから許可を求める声が高まっています。
在宅でCADの仕事をして副収入を
在宅で副収入を考えている人の中には、CADの仕事を考えている人もいるかもしれません。CADの仕事は完全な在宅仕事は難しいけれど、副収入にはおススメです。
副収入を得る
現在の収入で満足できていない人は、副収入を得ることを考えてみてはどうでしょうか?万が一の時のことを考えても、複数のの収入源は大切です。
副業サラリーマンの業務委託料と確定申告の関係は?
副業を行なっているサラリーマンの副業には、業務委託がおススメです。その業務委託料が年間20万以上になると確定申告が必要になりますので注意が必要になります。
社会人だって副業が必要
社会人になってサラリーマン生活を始めたとしても、将来のことを考えると副業を持って複数の収入源を持っている方がおススメです。