郵便局の人は副業禁止?

郵便局の人は副業禁止?

郵便局では、副業が禁止されています。全国各地、どこの郵便局でも禁止されています。そのため、郵便局員は、パートやアルバイトなどの副業をすることができません。しかし、この不況の世の中、郵便局の給料だけではしんどいから副業させて欲しいと考えている郵便局員は少なくないようです。

 

一般的に、公務員は副業が禁止されています。しかし、郵政民有化で郵便局は民営化されています。民間の企業になったのにも関わらず、公務員だった頃と同様に、正社員の人は副業が禁止されています。郵便局員は、残念ながら副業することができないのです。民営化されたのに、なぜそこだけ昔の名残が残っているのでしょうか?

 

かつては、民間企業でも副業を禁止している企業がほとんどでした。しかし、近年の不況のためは、副業を許可する企業が増えているそうです。社員に十分な給料を支払えなくなったのだから仕方がないという感じのようです。中には、社内で副業を斡旋して、スキルアップさせるようにしている企業もあるようです。

 

それで、副業が禁止されている郵便局でも副業を許可して欲しいという声が高まっています。とはいえ、現在は民間化して郵便局員も公務員ではなくなったので、上司の許可が出れば副業ができるケースも出てきているようです。そのため、「生活が苦しいので副業を許可して欲しい」などと訴えれば、副業が許されるかもしれませんよ。一度、相談してみてください。そうしたことが広がっていくにつれて、次第に郵便局でも副業が許されるようになるかもしれませんね。

郵便局の人は副業禁止?関連ページ

OLの副業事情
OLの収入だけでは生活できないと、副業を始めるOLが増えているようです。OLに人気の副業としては、インターネットを使ったものがあります。
在宅でCADの仕事をして副収入を
在宅で副収入を考えている人の中には、CADの仕事を考えている人もいるかもしれません。CADの仕事は完全な在宅仕事は難しいけれど、副収入にはおススメです。
副収入は、いつ確定申告するのか?
確定申告は、いつするのか知っていますか?副収入がある人は、2月から3月にかけて確定申告をする必要があるので、税務署に行きましょう。
副収入を得る
現在の収入で満足できていない人は、副収入を得ることを考えてみてはどうでしょうか?万が一の時のことを考えても、複数のの収入源は大切です。
副業サラリーマンの業務委託料と確定申告の関係は?
副業を行なっているサラリーマンの副業には、業務委託がおススメです。その業務委託料が年間20万以上になると確定申告が必要になりますので注意が必要になります。
社会人だって副業が必要
社会人になってサラリーマン生活を始めたとしても、将来のことを考えると副業を持って複数の収入源を持っている方がおススメです。