バイトでも社会保険に入った方が良い?

バイトでも社会保険に入った方が良い?

アルバイトやパートの人は、社会保険に入った方が良い?それとも、入らない方が良い?どちらなのでしょうか?アルバイトやパートであっても、社会保険には入れるなら入りたい人もいますし、できれば入りたくない人もいます。それぞれの事情がありますからね。

 

法律的な問題としては、アルバイトやパートの人であっても、正社員の4分の3以上働いている場合には、社会保険に加入しなければなりません。社会保険とは、厚生年金や健康保険のことです。具体例をあげると、正社員の週所定労働時間が40時間の会社であれば、週30時間以上働いている人は、アルバイトでもパートでも社会保険に加入する必要があります。これは、本人が希望してもしなくても加入の必要があります。会社の方に加入させる義務があるのです。

 

そう考えると、「アルバイトやパートの人は、社会保険に入った方が良い?」という問題は、本人とは関係ないところで決まってしまうようです。しかし、現実には、アルバイトやパートの人を社会保険に加入させたくないと考える会社が少なくないようです。確かに、アルバイトやパートの人を社会保険に加入させる必要があることを知らない会社も少なくありません。

 

アルバイトやパートの人の方でも、社会保険に入りたくない人が多いです。夫の扶養に入っている場合は、国民年金を支払う必要がありません。しかし、扶養から外れて社会保険に入ると、厚生年金を支払わなければならないからです。つまり、手取りが減ってしまうからです。

バイトでも社会保険に入った方が良い?関連ページ

60歳バイトの実情は
シルバー世代が元気な時代なので、定年を過ぎても働きたいと考える人も多いようです。そのため、60歳バイトのようなアルバイトも多いようです。
ゆうちょ銀行でアルバイトしよう
ゆうちょ銀行のアルバイトは、窓口業務や集金・配達の仕事があります。ゆうちょ銀行なら、安心して働ける上に時給も高めなのでおススメです。
アルバイトに動画で応募できる
バイドルドットコムという求人情報サイトでは、動画でアルバイトに応募することができる「動画応募サービス」がありますが、利用している人は半々のようです。
アルバイトの人の社会保険の負担額は?
アルバイトをしている人でも、社会保険が適用されることがあります。そのため、社会保険に入る人は負担額を知っておく方が良いかと思います。
アルバイトの履歴書の書き方
アルバイトであっても、履歴書を書かなければなりません。履歴書は適当に書かず、黒ペンで丁寧に書き、志望動機や趣味・特技欄もしっかり書きましょう。
アルバイトの社会保険や扶養手当はどうなの?
配偶者や両親の扶養に入っていてアルバイトやパートをしている人の多くは、社会保険に入りません。扶養手当がもらえる範囲内で働きます。
アルバイト情報のan
アルバイト情報のanを利用してアルバイト探しをしている人は多いでしょう。アルバイト情報のanは、全国各地のアルバイト情報を網羅しています。
内職アルバイトで稼ごう
内職アルバイトをしたいと思うのであれば、ネット内職が稼げるのでおススメです。ネット内職のサイトに登録し、こまめにチェックするのがコツです。
学生アルバイトの社会保険と税金の問題
学生アルバイトの場合は、年間のアルバイト収入が103万円以下である必要があります。103万円を超えてしまうと、社会保険に入り税金を支払う必要があります。
求人情報サイトのバイトルドットコム
日本最大級のアルバイト求人情報サイトであるバイトルドットコムは、様々な検索機能や動画情報サービスや動画応募機能があります。
理系大学生のアルバイト事情
理系の大学生は、実験や研究などに忙しいので、なかなかアルバイトをする時間がありません。なので、長期休暇を利用してアルバイトするのがおススメです。
郵便局でアルバイトする
郵便局でアルバイトすることを考える人もいます。郵便局のアルバイトは、郵便物の配達・集荷・仕分けの仕事であったり、郵便局の窓口業務などがあります。
短期アルバイトの志望動機
短期アルバイトをする場合にも履歴書を書く必要がありますし、志望動機について考える必要があります。短期アルバイトでも、それなりに考える必要があります。